ごあいさつ

 人は、幸せになるため、幸せを目指して生きているのではないでしょうか。

 そう「しあわせ駅行き」の切符を手に入れる為に生きていると言えます。

ここで大切なのは、この切符はお金では買えないということ。

そして例えお金が無くても、「愛された」と実感した人のみが手に入れることができるのです。

 「しあわせ駅」までの路線の始発駅は「愛されたい駅」。

次の駅は「愛された駅」→「自分を愛する駅」→「他を愛する駅」

そして終着駅の「しあわせ駅」であり、ニライカナイとなるのです。 

 すべての子どもは、人生の始発駅である「愛されたい駅」の待合人です。

この駅から出発する為には、愛されることが必要不可欠です。

それがあって初めて「愛された駅」に到着できるのです。

※ニライカナイ:沖縄で古くから信じられてきた、海の向こうにある”しあわせの地”

 ニライハート しあわせ駅が一番大切にすることは、子ども達が愛されること。

愛されていると実感し、毎日でも過ごしたくなる場所にすることです。

そのことが実現して初めて、私達スタッフも幸せになれると思うのです。

 純粋無垢で、一生懸命生きている子ども達に愛を引き出され、

子ども達を愛することに私達の幸せがあると思います。 

株式会社ニライハート 代表取締役 川崎 則明

プロフィール

1955年 沖縄県コザ市産まれ。日本福祉大学卒業。

1985年 沖縄県中部の読谷村に、青少年教育「麒麟学院」設立。

1991年 同村にて、幼児教育「きりん保育園・幼稚舎」を開設。

2002年 書籍「愛情力 ​LOVE POWER -愛を出した方が楽しいよ!-」を出版

2004年 入所授産施設「れいめいの里」施設長に就任

2007年 「れいめいの里」施設長、更正施設「石水の里」施設長を兼務

2009年 株式会社ニライハート設立

2010年 多機能型施設「しあわせ駅」開所

これまでの講演・研修等

与勝中学校、嘉芸小学校、船越小学校、中頭学校保健研究大会・特別講演、沖縄女子学園、

沖縄市公務研究会講演(沖縄市立小・中学校 校長及び教頭対象)、ダウン症 親の会、

沖縄ろう学校、愛情力セミナーin東京、少年警察ボランティア ブロック研修会、その他

著書紹介

 

愛情力 LOVE POWER -愛を出した方が楽しいよ!-

 

愛すること… 生きること。愛すること… 幸せになること。

この三者の間には、どのような関わりがあるのだろうか…、

と私なりの体験をふまえて書き記したのが、本書『愛情力』です。

21世紀は「心の時代」と言われています。
私達は「何の為に生きているのか?」との心の内からの問いかけに、

答えを出すことが求められている時代に生きているのではないでしょうか。

今までは、お金や物、社会的地位、学歴などの影となり、

表舞台に出ることがなかった「愛すること」が影ではなく「主役」として

表舞台に出てくる時代に生きているのです。

  • 第一章 いじめっ子、いじめられっ子

  • 第二章 人は何の為に生きているのか

  • 第三章 愛情力とは

  • 第四章 愛情力の育て方

  • 第五章 右脳活性化の最終的なカギは愛され、愛すること

  • 第六章 愛を再生させる為に

  • 第七章 私が愛を見い出した過程

  • 第八章 日本の社会が行きづまっている壁

  • 第九章 日本の再生のために

  • 第十章 愛枯渇症からの再生

  • 第十一章 愛をする運動を始めませんか